FC2ブログ
気ままな工場ライフ
外出してる事もあります。栄区金井町161 045-851-0051
U61T ミニキャブ エンジンかからず
暖かいですね~
春も近いのでしょうか?

今日は先日の雪の日に止まってしまった
ミニキャブです。

2回目の大雪の時に止まってしまったそうで
大変な目にあったそうです。
たしかに、あの雪のなか止まったら
歩いて帰るのも大変だったことでしょう。

JAFで、レッカーにて入庫しました。

画像 0001
まずはすべてのヒューズの点検

エンジンの3大要素
良い圧縮
良い燃料
良い点火
ですからね!

まずは、燃料ポンプや・インジェクション・点火系等の
電気系統が雪の中でショートなどしてヒューズが飛んでないか
確かめてます。

以前レッカーでエンジンがかからない車が入庫しましたが
ヒューズが飛んだだけという入庫車もありました。

画像 0002
次は燃料ですね!
ヒューエルラインを切って燃料が来ているのか
確かめてみます。
来ていれば、燃圧のチェックもします。

この時点で燃料が来てないことが判明!

ミニキャブはストレーナーもポンプもインタンク!
燃料タンクをおろします。

画像 0003

画像 0004
ガソリンが半分位で良かったです!
満タンで下ろすのは流石に軽でも大変ですから。

画像 0005
なんともまあ!
画像 0006
ダメですね。

画像 0015
ポンプのコネクターも焼けてしまってます。
きっと、詰まっても更に回ろうと
モーターが頑張っていたのでしょう。

画像 0007
ポンプが入る部分です。
ガソリンが泥水のようですね~

画像 0008
少々のガソリンを入れて揺すっては出してを繰り返し
これだけ出てきました。

まだ入っているみたいですが
これ以上は出てくる量も少なく
一度断念!

乾燥させてやる!
天日干しです。
間違ってもドライヤーとか使わないように!
危険です。
ドライヤーのニクロム線などで気化したガソリンが発火して
爆発しますからね。

ここの所の陽気で乾燥しましたよ!
揺すったり叩いたりできる限り手を伸ばして
ワイヤブラシで擦ったり。
出てきたものを掃除機で吸いました。
まだ剥がれてきそうですが、これ以上はタンク交換してもらわないと無理!

画像 0009
年式的にも予算があまりないので
ポンプは中古で交換。

画像 0010
ストレーナーとパッキンは新品で交換!

ここをケチってもしょうがないです。
中古で綺麗なポンプだとしても
既に使ったものですから何があってもおかしくないし
パッキンは後からガソリン臭いとなっても
タンクを下ろさないと交換できませんからね!

両方交換しても数千円です。

画像 0011

画像 0012
バラして交換すると!
お~新品のようだ!

画像 0013
画像 0014
ちょっと見にくいですが
左側がタンクの下側だと思って見てください。

明らかに半分位から錆びてます。
これは、ガソリンをそのくらいで長く放置していることを意味してます。
放置の時間が長いのならば出来るだけ満タンで放置してください。

ガソリンタンクの中は油っけがありません。
その為にガソリンが抜けている部分には空気に混ざって
水分が入り込みます。
この水分が気温が下がった時に結露となって
ガソリンのない部分を腐食させるのです。





スポンサーサイト