FC2ブログ
気ままな工場ライフ
外出してる事もあります。栄区金井町161 045-851-0051
プジョー206 マフラー交換
今回はまたもやプ嬢でっす!
206ですが306もまだ入ったままです。
部品が到着しないっす。

ってことで、後から入庫してきましたが
こちらを先に済ませましょう。


画像 0001
普通車なのに結構細いボルトでとまってます。
折れないか心配なのでラスペネをしっかり吹きかけてから
先に進んでいきましょう。

306もそうでしたが
マフラーはつなぎ目の部分が
リング状の物で止めてあるんですよ。

画像 0002
最初の太鼓の部分がフロントパイプとセンターパイプの
つなぎ目です。
リングを緩めたのですが一向に動こうとしない
部品を確認してみると、どうもフロントパイプの中に
3cmほど入ってるみたいです!
だから動かないんだな~
と簡単に考えていたのですが・・・

リングを外して見ると・・・
1箇所溶接されてます!
なんでこんな場所を溶接するのか?
そこまで動くと思えないんですけどね~

しょうがないから、フロントパイプと
センターパイプ一緒に落としちゃいましょう。

画像 0003
結構長いんですが、そんなに重くなかったです。

溶接部分を削り取って太鼓を叩いて
外そうとしたのですが全く動きがありません。

溶接部分はしっかり剥がれているようなので
中に入っている部分が食いついてしまっているようです。

さ~てどうしようかな・・・
こんな時はやっぱり炙ってしまうのが
手っ取り早いでしょう!

パイプが入っていると思われる部分を
バーナーで炙って赤くします。
そんなときの目安としては錆びて食いついているなら
パキパキって音がして剥がれたな~ってなります。
もう一度太鼓をハンマーで叩くと・・・
抜けましたよ!

ここら辺は写真を撮り忘れました。

後はリングをつけて排気もれないように
角度を調整しつつ締め上げればOK!

画像 0004
何故かテールパイプの角度と長さが違う・・・

画像 0005
パイプ屋さん曰く
このように継ぎ目のあるパイプは
パイプと呼ばないそうです。

パイプとは引き抜き鋼管だけ!だそうですよ。
たしかに、引き抜き鋼管ならこんなふうに
穴が開きませんよね。

306も一度同じような事が起こり
溶接しています。
社外のマフラーだったので仕方なく直しましたが
純正なら交換ですよね。
社外でも次回は治らないよと言ってあるので
次回穴があいたらパイプを作るか
社外をもう一度買うかですな。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://stepslife.blog.fc2.com/tb.php/103-5100928f
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック