FC2ブログ
気ままな工場ライフ
外出してる事もあります。栄区金井町161 045-851-0051
アルファロメオ 147 タイベル交換
9月に入っちゃいましたね!
残暑が暑いのはしょうがないとしても
何故かシトシト雨が降る・・・
梅雨みたいだよね!


今回はアルファロメオっす!
2000ccツインスパーク16バルブっす。

昔からアルファロメオって車は
エンジンやら足回りやらが凝っていて
レーシングカーみたいなつくりをしている。

新しくなっても受け継がれているみたいで
タイベルを交換するだけでもSSTが必要で
バルタイも一緒に調整しないといけなくなっています。

他の車でも同じなんだけど
ベルトが伸びればバルタイがずれるのは・・・
それを新品のベルトにするとズレが直り
調子が良くなったりします。

それが、ロメオだと本格的にカムスプロケットが
動かせたりするんですよ。

画像 0032
1番圧縮上死点を出しています。

画像 0033
圧縮上死点が出たところで
マーキング!
本来インテーク側にはマーキングがありません。

付けてもずれてしまうので本来つけてもしょうがないのですが
落ち着かないのでインテーク側にもつけてます。
小さいやつですね~

画像 0034
2本ベルトがかかってますが
手前はバランサーベルトってやつです。
これにも合わせる箇所があるので注意が必要。

画像 0035

画像 0036
これがSSTです。
カムホルダーを外してこいつでカムを合わせます。

インテーク・エキゾースト共に若干ずれれてますね。

画像 0038

画像 0039
BMWなんかと同じような材質の
ウォーターポンプ1回目のタイベル交換ですが
時間が経っているのでこれも一緒に同時交換です。

画像 0040
ダイヤルゲージにてもう一度圧縮上死点を確認。

ビビリなもんで何度も確認してしまいます。

画像 0041

画像 0042
ベルトについているマーキングを
クランクとエキゾーストで合わせます。

画像 0043
インテーク側で張りの調整をして
マーキングと共に圧縮上死点も確認して
タイベル交換は終了。

テンショナーもSSTが必要です。

さ~タイベルが終わったら
バランサーベルトの交換!

このバランサーベルトで事件が・・・
テンショナーの位置ってのがあるんですが
合わせて締めたのですが、締めるときに
一緒に動いてしまったらしく、それを知らずに
組み上げてしまいエンジンをかけたら・・・
想像通り・・・異音発生!
自分の中では合わせて獲るもんだと思っているから
外ベルト???
どうも中からってことでもう一度開けることに!

しっかりズレていました。
もう一度合わせ直して締めてみるとやはり動いてしまう
ここで、締め上げるときに動くことを発見。

エアコンのパイプが邪魔でSSTを支えるのに
往生しました。

テンショナーをあわせて張り終え
エンジン始動してみると異音はやはり消えています。

は~しんどかった。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://stepslife.blog.fc2.com/tb.php/192-2358f3ad
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック