FC2ブログ
気ままな工場ライフ
外出してる事もあります。栄区金井町161 045-851-0051
プ嬢 206 クラッチ交換
今朝方凹んだプ嬢のブログを更新しましたが
クラッチ交換の方も更新しておきます。
こちらは何事もなく済んでいたのですけどね~


画像 0001
インテークのインレットホースが見えてますが
こやつ、既に製廃だそうです。
この時は既に亀裂が入っていたようですが
気づかずに先に進み整備が終わったあとに
パックリちぎれました。

すぐに注文したら・・・製廃だと!
部品商が国内で持っているところを
探して手配してくれましたが値段が倍くらいしました。

画像 0004

画像 0005
この位の年式になるとコルゲートチューブが・・・
ハーネスの至る部分がこんな感じに劣化しております。

日本車だとこのくらいの年式でも
ここまでひどい車両は少ないんですけどね~
エンジンの熱が大きいのか
それとも、コルゲートチューブの品質が悪いのか・・・

画像 0041
まあ、作業しているとこんなのはしょっちゅうですので
チューブの在庫はいつも数種類のサイズで在庫していますが。
さすがに、裸のままではハーネスも寒いでしょうからね~


画像 0011
クラッチ交換するにはメンバーを切ってしまったほうが
楽にできます。
このメンバー切るのにそれほど大変ではないので!

画像 0013
左右のドライブシャフトを外してメンバーを切ってしまえば
簡単に降りてきます。

画像 0014
ゴチャっとしてますがクリアランスは充分あります。

画像 0015
クラッチフォークのピポット部分が何故かプラスティック!
この部品が壊れると切れが悪くなったりします。
しかも、国内には在庫してないことが多い部品。

交換時にはフォークごと交換してしまいますが。

画像 0016
滑ったまましばらく乗っていたのでしょう。
フライホイールに焼けが見れます。

画像 0047
若干クラッチ板は残っているようにも思えるのですが
緊急入庫の原因は、クラッチケーブルの切断です。
こやつ、ぎっちょハンだとケーブルになるんです。
因みに、右ハンは油圧式になります。

RCにはギッチョハンしか無いかも・・・

画像 0048
この所有者の方は乗り方は悪くなさそうな
クラッチカバーでしたよ。
クラッチカバーを見れば乗り方が大体わかります。

画像 0046
フライホールをサラッと磨き~

画像 0045
ケースを洗いフォークとレリーズB/Rを組んでみました。
さ~載せます。

画像 0058

画像 0059

画像 0061

画像 0063
この際なのでミットシールも交換。
あとで漏れ出してからやると
もう一度オイルが交換になってしまうので!

画像 0054
亀裂が入ってます。
この、所有者の方はこの際にとマウントの交換も
一緒に作業を希望しておりますので同時作業です。

画像 0017

画像 0038

画像 0039
それほど潰れは確認できませんでした。
が劣化しているのでしょう交換です。

画像 0036
こちらは、エンジン側かなり潰れて劣化してます。

画像 0064
センターマウントは部品で出るので
圧入をプレスにて交換です。

この時に治具が無くて泣きました。
丁度いい大きさの治具がなくて隣のバイク屋さんに
遊びがてらテクテク・・・

丁度いい感じの大きさをしたベアリングを頂きました。
これがまた今では部品で出ないような貴重なベアリング!
カワサキW1のクランクベアリングの新品でした。
貴重な新品のベアリング使うのが勿体無かったですが
そのままでは使えずに中身を抜き取ったために
ベアリングとしての機能は無くなりました。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://stepslife.blog.fc2.com/tb.php/198-d679a7c5
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック