FC2ブログ
気ままな工場ライフ
外出してる事もあります。栄区金井町161 045-851-0051
E46 緊急入庫
12月に入ってしまいました。
師匠も走る師走です。
今年も1ヶ月を切ったので気を引き締めていかないと!

お客さん自身で外ベルトの交換をしていたようですが
どうにもならないから、レッカーにて持って行くとのこと・・・
よくわからないのですがレッカーにて入庫しました。


画像 0001
テンショナーのボルトがおりこうさんになっていて
戻すことが出来ません。
四苦八苦してロックしました。

画像 0002
パワステのプーリーも外しです。

画像 0005
要らなくなったベルトの使い方!
ベルトをかけてプーリーを傷めないように
ロックします。

画像 0007
外したテンショナー!

画像 0010
右側がファンベルトテンショナーノボルト
左側がA/Cベルトのテンショナーボルト
なぜか、入れ替わっている???

本人に確認してみると
ボルトの工具をかける部分が駄目になったので
入れ替えたんだとか!

画像 0011
よく入れ替えたよね!
よ~く見てみましょう。
逆に切れていることがわかると思います。

ファンベルトのテンショナーボルトは普通は
外し側にすると締まる方向に切れている
所謂逆ボルトになっているんです。
この為に、無理やりテンショナーに入れたので
相手側がアルミの為にボルト溝を壊してしまい
テンショナーを破壊したものです。

ファンベルトテンショナーを新品に交換して
A/Cボルトを元に戻してベルトを掛けなおしました。

たぶん、テンショナーを戻すときにサイズの合ってない工具を
使用してだと思います。ボルトを駄目にしてしまい
戻すことが出来なくなって
A/C側のテンショナーはプーリーのボルトで戻すことは
しないのでこちらのボルトが同じだと思い使ってみたら
ファンベルトプーリーが戻せなくなってしまい
緊急入庫する羽目になったようです。

プロが何故高い工具を使うのか?
それは、ホームセンターなどで格安で売っている
工具はサイズが合わないものが結構多いのです。
そんな工具ではいい仕事は出来ません。

サイズのしっかりあっている工具を使って
作業しないとこんな目にあうからです。

高いベルト交換になりましたね。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://stepslife.blog.fc2.com/tb.php/209-86f6f1c5
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック