FC2ブログ
気ままな工場ライフ
外出してる事もあります。栄区金井町161 045-851-0051
エアコンリフレッシュ
台風来てます!
地震もありました。

はっきり言って地震嫌いです。
3.11を思い出すから・・・
なぜかいつでも揺れていたようなあの感覚
もういいです。

今回は仲間入りした工具?の紹介!
snap-on社製?
PS134Pro

まずはこんな部分から。

自分の車のエアコン吹き出し口からの温度
アイドル回転2000回転での最低温度です。


DSCN7333.jpg
こ奴でエアコンガスを回収!
ウチの車には本来530ℊ入ってないといけないのに
なんと!190ℊしか入ってません。
半分以下の回収率!

確かにウチに来てからこいつのエアコン何も見てません。
来た時にはエンジンがブローしていたので適当なエンジンを載せて
その時はコンプレッサーを外さずに乗せ換えているので何もしてない状態
そろそろ、4年は経ってるけれど過去の履歴もわからない車両!
もしかすると新車時から何もしてないのかもしれないです。

ってことで
DSCN7334.jpg

回収後真空引きした後に
しっかりと新車時と同じ量のガスを充てん!
DSCN7336.jpg

2度以上温度に変化が
しかも、温度変化が早くなりました。
最初の写真ではエンジンをかけてから3分以上たってからのものですが
最後に計った温度は1分少々
しかも、この後もさらに下がり続け13.8度くらいまで下がってました。
3分も続ければ3度以上温度変化があったかもしれないです。

この機械SNAP-ON社から販売してるPS134Pro
エアコンをリフレッシュする為に開発されたマシンなのです。

日本にはA/CオイルにPAGとPOEの2種類があるのですが
どう違うかというと普通の車には大体PAGオイルが入ってます。
POEオイルはハイブリット車や電気自動車などA/Cコンプレッサーが
モーター式のコンプレッサーに使われてます。

簡単に言うと
POEオイルの車にPAGオイルを入れると
コンプレッサーが壊れます。
しかも、エアコンのサイクル内に残ったPAGオイルが
悪さをするために総交換費用は○○万円なんて修理代になるものが
この機械を通して洗浄すればコンプレッサーを交換すればいいだけになるように
設計されているので回収したガスの再生純度は99.9%以上の純度になるのだとか。

DSCN7337.jpg

DSCN7338.jpg
普段使ってる134のエアコンガスのサービス缶ですが
純度は99.7%以上となってます。
メーカーで作るエアコンガスよりも純度が良くなります。

エアコンガスの回収
オイルフラッシング
エアコンガスの再生
エアコンガスの再生純度99.9%以上の純度でできる機械は
今現在このps134以外にはありません。

近頃スタンドなどでエアコンのリフレッシュを謳ってますが
ps134以外の機械では再生能力が弱いのでリフレッシュも
それなりになります。
そうなると、リフレッシュは出来てますがガスを回収して
リフレッシュを謳ってもどれほどの純度のものが入るのか?

このマシンならば回収したガスを99.9%以上に再生して
メーカーのサービス缶よりも純度の高いガスを充てんすることができます。

これからも機会がああるごとにこのマシンの威力を
紹介していきます。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://stepslife.blog.fc2.com/tb.php/241-e87a0ba4
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック